スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
副業アルバイトして高収入高額を稼ぐ方法♪サイトトップ >人気の副業で高収入を稼ぐには >>サラリーマンのアルバイトと税金

サラリーマンのアルバイトと税金

サラリーマンが副業をする時に注意が必要なのは先の記事にも触れましたが20万円以上の利益があると、確定申告が必要だということです。

売上じゃなくて利益ですから、この金額を超える場合には確定申告の準備をする必要があります。

20万円くらいだから、申告しなくても大丈夫だろうなんて考えていたら、税務署の方が来ることになるかもしれません。やはり正直に申告したほうがいいです。


スポンサードリンク


税金を申告せずに払わないでおくと3年さかのぼって課税されますので、かなりの痛手となります。
また重加算税を課される場合もあるので自ら申告しておいた方が良いでしょう。

「申告しない」よりも「申告する際、どこまで経費に参入できるか?」を勉強した方が賢明かと思います。

副業の必要経費についてですが、副業事業に必要な費用は必要経費として認められます。

インターネットを利用した場合、パソコン代、通信費、ホームページ運営者などはサーバー代などが副業の必要経費として認められます。

領収書や銀行振込の控えなどの支払いを確認できる書類を捨てずに保存しておきましょう。

確定申告には「白色申告」と「青色申告」があります。税務署というのは、間違って余分に税金を納めてしまった場合、そのことを指摘してくれません。
日々の帳簿付け作業をすることで、正確に税金を納めることが出来るのです。

そしてこれは青色申告に限ってのことですが「複式簿記」と呼ばれる複雑な記帳をすることによって最高65万円の「青色申告特別控除」の特典を受けることが出来ます。

青色申告の記帳方法は、日々のお金の動きを「勘定科目」と呼ばれる集計単位に「仕訳」することによって、正確に税金の計算が出来る、法律によって定められた正式な帳簿記録で「複式簿記」と言います。

最高65万円の「青色申告特別控除」をはじめ、様々な節税メリットがあります。税金面をはじめ、長い目で見ると、白色申告とのメリット差は歴然ですので、独立開業を考えている方は、ぜひ青色申告にチャレンジしてみてみましょう。

サラリーマン副業で稼いだら、しっかり税金対策!
少しでも収める税金を減らして副業生活をエンジョイしていきましょう^^
スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。